東京金魚鉢

もうずっと放置。いつか再開出来たらと思ってる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
金魚坂で金魚鉢
その存在は知っていた金魚坂。

050807kingyo01.jpg
KonicaMinolta CENTURIA400

遠出の散歩をしていたら偶然発見。
これを行かずにおれようか。
050807kingyo02.jpg
Fuji 400

金魚「坂」といっても東京に多い坂の名前ではなく、金魚や錦鯉の卸問屋さんらしい。
いけすがあり、金魚すくいコーナーがあり。

050807kingyo03.jpg

050807kingyo04.jpg
KonicaMinolta CENTURIA400

本家本元の金魚鉢が置いてある。もちろんガラスのも。(二枚目左後ろに小さく)

050807kingyo05.jpg

取り仕切る女将の着物の帯は金魚柄。さすが!

050807kingyo06.jpg

金魚坂さんが目指しているのは「和みと憩いの場の提供」(パンフレットより)。
ということで多目的空間や喫茶が併設されている。
葉巻や中国茶を用意する凝ったメニューで、茶器も金魚にちなんだものがあり、
窓にはまったサンドブラストで彫られたこれまた金魚柄のガラスが良かった。
金魚坂←お店のHP。

050816kingyo07.jpg
KonicaMinolta CENTURIA400

記念に金魚連れて帰ったんですが。
・・・写真が駄目ですね。精進します。画像暗かったので無理やり明るくしました。
ってゆうか今回舞い上がってしまってまともな写真が撮れなかった。
肝心なときにフィルムなくなるし。
いけすの金魚の写真、右側に白く縦一本入っているのは最後のコマだから。
喫茶に入ってガラス窓の金魚見て
「ああなんで予備のフィルムもってへんのバカバカ」と泣きました(ウソ)。
コンビニでフィルム買ってせめて外回りをと撮りに戻ったのでした。
あぁあと1枚、あと1枚あったらこれ写せたのに~ってこと多すぎる!
しかもFisheyeは最後巻けても押せない、って終わり方だからダメージ大きいよ・・・。
スポンサーサイト
2005/08/18(木) 22:55:05 | LOMO fisheye | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。